釣女どうでしょう

釣り初心者が、釣りにハマったブログ

また釣れない!コマセマダイ

仕事仲間と営業の方々と 総勢11人で釣行に行ってきました!

 

コソコソ1人で釣り船に乗るのが好きな私ですが

松輪に業界の釣り好きがワワーっと集まり、宴会から始まって~

 

からの釣行でしたが

 

かなり勉強になった上に

 

爆笑に次ぐ爆笑でした。本当に楽しかった!!


f:id:mari1128riri:20180317155056j:image

私の苦手なコマセマダイ釣法。

 

ハリスが長い上に この釣り、青もかかるし

今回は11人も乗っており おまつり必須な予感。

 

そこは、仲間だけだから気が楽ですね。

 

f:id:mari1128riri:20180317155120j:image

 

私のテンヤ竿は柔らかすぎるのでレンタル竿にしました。

 

 

f:id:mari1128riri:20180317155133j:image

 

 中々釣れなくて焦っているのに 隣のお方。とうに真鯛を釣って寝ています!

 

f:id:mari1128riri:20180317155222j:image

 

昨年はビギナーズラックで結構釣れたのになあ・・・

 

真鯛はよくいくのに、今年になってから3匹しか釣っていないのだ。 

 

f:id:mari1128riri:20180317155248j:image

私はイナダ2匹の黒鯛1匹でした。

 

下は、竿頭の釣果。うーん。素晴らしい。

 

仕掛けも手作りですって。

 

まだ乗っ込み手前ですね。型はすべて小さかったです。

 

f:id:mari1128riri:20180317155624j:image

 

 宿に戻ると暖かい蕎麦がでてきます。これは嬉しい。

 

f:id:mari1128riri:20180317155644j:image

 

集合写真。ほんとに楽しかった!!

 

11人もいて、船中の釣果は結構すごかったと思います。

 

f:id:mari1128riri:20180317155722j:image

 

お土産にと。真鯛も分けてくださり・・・ありがたや~!

 f:id:mari1128riri:20180317155735j:image

 

黒鯛はお刺身はイマイチと聞いていたのですが

型が良いので刺身も取ってみました。かなり美味しかったですよ。 

 

f:id:mari1128riri:20180317155842j:image

 

友達を呼んでイナダしゃぶしゃぶ。

 

ブリよりもさっぱりしていて美味いと評判でした。 

 

f:id:mari1128riri:20180317155857j:image

 

黒鯛のムニエル。塩コショウのみでシンプルに。 

 

f:id:mari1128riri:20180317155911j:image

 

厳しい冬場も懲りずに釣りに行きましたけれども

いつの間にか春ですね!

 

次は何釣りにいこう~! 

 

f:id:mari1128riri:20180317160001j:image

 

 

 

釣りは殺生だから悪い事なのか。

f:id:mari1128riri:20180316181611j:image 

釣った魚はすべて自分の手で 締めて 捌いて

いただいてきましたが

 

リリースした稚魚が弱って海に流れていったりすると

道楽で釣りは無駄な殺生か、罪なのだろうか。ということを

 

釣りにハマってから、一度トコトン考えた時がありました。

 

じゃあリリースすればいいのか?

 

いや、釣るなら全てをきちんと食べたらいいのか?

 

主義主張がそれぞれだと思うし

色々な考えがあると思います。

私が導きだした答えも エゴの塊かもしれません。

 

人間であれば誰もが他者の生命をいただいて生きています。

もし、自分の生活の中に他者の生命を奪うというプロセスが無かったなら

ただ誰かが代わりにやってくれているだけです。

 

食卓にあがる、肉、魚。

 

植物だって生き物です。自然の中の食物連鎖のうちの1つだと思います。

 

例えば、犬や猫だって『自分の狩り』の成功を楽しみます。

その楽しさは生物として自然な感情だと思っています。

 

殺しが愉快で愉快で仕方がない、というのとは違います。

 

自然の中に足を踏み入れ、自然をおそれ敬い

自然を汚さないように細心の注意をはらいながら

 

釣り(狩り)をして

 

その命をいただく。

 

生き物を「いただきます」という大切な気持ち

自然やすべてのものを敬う気持ちを

 

釣りを始めて とても深く考えるようになったと思いますし

その考えを子供にも教えることができました。

 

いつだってオーダーすれば、どんな肉も魚も食べることのできる、

現代の人には 反対に必要なことなのかもしれません。

 

私は これからも、自然や命に

ちゃんと向き合って釣りをやろうと思っています。